目のクマ一つで印象は変わる|顔のマイナスポイントはすべて治す

先生

進み続ける美容外科技術

顔

施術によって異なる効果

美容外科手術は年々進歩しています。目の下のたるみを取る手術も例外ではありません。以前行われていた方法では、まぶたのすぐ下を切開する治療が主でしたが、最近では切開しないでたるみを取る方法も登場しています。選ぶ方法によって身体への負担や得られる効果、かかる料金が違ってきますので、事前にしっかりと調べることが大切です。具体的な方法としては、下まぶたを切開して余分な脂肪を取り除く脱脂術というものがあります。まぶらの裏側の粘膜から行うことでダウンタイムを少なくすることができます。ふっくらとさせてたるみを解消したい場合の治療法は、ヒアルロン酸の注入です。目の下に注射器でヒアルロン酸を注入するだけで、簡単にたるみを解消してふっくらとした目元を作ることができます。

施術ごとに異なるメリット

脱脂術では、加齢による筋力の衰えや皮膚の下垂によって発生するたるみやクマを解消することができます。凸凹と目の下がたるんでしまっても、この治療で余分な脂肪を取り除けば、スッキリとした目元になります。特にクマの酷い人に最適の治療法であり、術後の負担が比較的少ない方法でもあります。ヒアルロン酸注入の良いところは、元々ある成分を使っている点です。体内に入れても問題がありませんので、副作用の心配がありません。最近では涙袋を作りたいと考える人が増えていますが、この術式では簡単に涙袋を作ることができます。目の下がくぼんでしまった人に最適の治療法であり、料金も手ごろで身体への負担も小さいのが大きなポイントです。