目のクマ一つで印象は変わる|顔のマイナスポイントはすべて治す

先生

目の下の黒ずみ

目

黒ずみを消す方法

目の下に黒っぽいくまができてしまうことがしばしばありますが、そのままにしておくと、実年齢よりも老けて見られたり、疲れているように見られてしまうようになります。会う人に決して良い印象は与えませんので、くまをなくすことを考えてみるようにした方がよいです。ただし、目の下にできる黒っぽいくまは、青くまのようにセルフケアで対処することはできません。なぜかというと、皮膚自体が黒ずんでいるわけではなく、たるんだ皮膚が作り出した影が原因で生じている症状だからです。ですので、黒っぽいくまを何とかしたいと考えている場合は、美容外科クリニックに行ってたるんだ皮膚や脂肪を切除する美容整形手術を受けるようにするのが一番賢い対処方法になります。

手術の流れ

黒くまをなくすために昔からよく行なわれてきたのは、下眼瞼脱脂術という名前の美容整形手術です。美容整形手術を受けると、体に目立つ傷跡が残ってしまうと心配する人が多いですが、下眼瞼脱脂術の際にメスが入れられるのは、下まつげの生え際です。手術直後はまるで下まつげが2列生えているかのような見た目になりますが、抜糸が済んでしまえば傷跡がほとんどわからなくなります。ですから、あまり神経質になる必要はありません。また、体にメスを入れること自体を不安に思う人もいますが、そのような人は、経結膜脱脂術という名前の美容整形手術を受けるようにするとよいです。経結膜脱脂術は、下まぶたの裏側の粘膜に穴を開け、余分な脂肪を除去する手術です。メスが使われない方法ですので、安心して手術を受けることができます。